生体触媒化学研究会

The Society of Biocatalysis Japan

10/19 まで発表申込期限延長:第 20 回生体触媒化学シンポジウム

10/19 まで発表申込期限延長:第 20 回生体触媒化学シンポジウム

先日来ご案内申し上げておりますように、第20回生体触媒化学シンポジウムを、 20181212日(水)・13日(木) 東京工業大学 すずかけ台キャンパスにて開催いたします。

一般講演(口頭発表・ポスター発表)の申込期限を、以下のとおり延長させていただきます。皆様奮って、ご発表お申込、よろしくお願い致します。

講演申込締切 1019日(金)

発表要旨ご提出の期限も、同日の1019日(金)とさせていただきます。

お申込み方法、発表要旨テンプレートなど、詳しくはホームページhttp://www.matsuda.bio.titech.ac.jp/biocatjapan2018.htmlをご覧ください

基調ご講演者として阿部 郁朗 教授(東京大学大学院 薬学系研究科)、また、招待ご講演者として、Dr. David Entwistle Codexis社、米国) 、Prof. Dr. Harald Groeger (ビーレフェルト大学、ドイツ) 、Prof. Dr. Romas J. Kazlauskas (ミネソタ大学、米国)、Prof. Dr. Zhi Li (シンガポール国立大学)、Dr. John W. Wong (ファイザー社、アメリカ)他を予定しております。

お問い合わせは、実行委員長 松田 知子 tmatsuda@bio.titech.ac.jpまでお願いいたします

東京工業大学 松田知子

エンザイムテクノ 廣瀨 芳彦

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA